アンチエイジングで注目のレスベラトロール

レスベラトロールは、ブドウなどに含まれるポリフェノールの一種です。
フランス人が脂質の摂取が多にも関わらず、心臓疾患が少ない「フレンチ・パラドックス」の理由が、赤ワインとの消費量に関係しているとの発表があり、赤ワインブームとなりました。
その後、様々な研究が進み、赤ワインにレスベラトロールが含まれていることがわかりました。

このレスベラトロールをはじめとした赤ワインに含まるポリフェノールがフレンチ・パラドックスの理由だと考えられています。
現在も、レスベラトロールの様々な効能が発表されており、サプリメント大国アメリカでも人気です。

赤ワインに含まれるレスレラトロールとは?

ポリフェノール「レスベラトロール」の効果

レスベラトロールは他のポリフェノールと同様に活性酸素を除去する抗酸化物質です。
ポリフェノールは「たくさんのフェノール」という意味で、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ期を持つ植物成分の総称です。

ポリフェノールは、ほとんどの野菜や果物に含まれていて、5000種以上にもなります。光合成で作られる色素や渋み、苦みの成分で、植物細胞の生成、活性化などをサポートする働きを持っています。

赤ワインにはポリフェノールの分類でもフラボノイドという成分を多く含んでいて、色素成分のアントシアニンや、渋み、苦み成分のタンニンやカテキンを豊富に含んでいます。
レスベラトロールも赤ワインに含まれるポリフェノールで、人間の健康に役立つことが知られています。

レスレラトロールが健康に役立つ効果とは?

レスベラトロールは赤ワインエキスがオススメな理由

赤ワイン

ブドウは昔、薬として活用されていました。
赤ワインは、そんなブドウの果皮、種、果実をまるごと発酵してできているので、ブドウの薬効がギュッとつまったお酒です。
レスベラトロール以外のポリフェノールの効果も摂取することができます。

レスベラトロールは、赤ワイン(ブドウ)以外にも含まれていて、違う原料から抽出したサプリメントも販売されていますが、昔から大勢の人に親しまれ、飲まれ続けている赤ワインエキスを原料としたサプリメントの方が安心、安全だと思いませんか?

もっと赤ワインについて知りたい方はこちら

▲PAGE TOP